Home > その他

その他 Archive

新たな時代の「結」という仕組み

秋吉 浩気さん率いる株式会社Vuild(ヴィルド)主催の「まれびとの家」内覧会(2019年9月7日)に行った時の話。
富山県南砺市の山の中、ほんとうに刺激的だった。

地場の資材(木材) x   伝統的な技法(合掌造り) x   デジタル(デジタルファブリケーション)= 融合した短期滞在形ゲストハウス

行くまでの道のりの険しさ(自分は富山側から登ってきたが、他に緩やかなルートがあるのか?)や、集落の規模、分散性などを実感しながら(痛感しながら)現場に向かっていくのだが、途中で不安になる。
「本当にここにあるのか?」と。
気になるのは、建築そのものの存在ではなく、”建築のその後”に対してだ。
上記の完結された方程式に、突っ込みどころが次々と湧いてくる。

スタッフの方に案内されて現場に行くと大勢の方達がすでに建物を取り囲んでいる。スタッフ、地元の方、メディアの方や議員さん(と思われる)、職人さんと多種多彩。



秋吉さんのガイドに促されて、建築内部に足を踏み入れてみる。

この建築資金の一部はクラウドファウンディングによって賄われているという。
出資者の熱量もこの建築物には宿っているのだろう。
秋吉さん、Vuildのスタッフはじめ多くの関係者の方々の本気度が建物を通して伝わってくる。
さっきまで心配していた ”突っ込みどころ” はもうどうでもいいと思える。

現場を後にして、近くにある五箇山の合掌造りの集落にも足を運んでみた。

多くの観光客が訪れており、外国からの方も多くいたようだ。
家々のはずれまで歩いていくと、広大な敷地の中にポツンと小屋がある。
近付いてみると、国の交付金による「資材倉庫」とある。



村の人たちが、共助・協働を柱として創られた「結」というシステム維持にこのようなモノが本当に必要なのか?漠然とした疑問がシャッターを押させる。


Wikipedia 「」 中部地方の合掌集落 より抜粋(—内)


日本の富山県五箇山から岐阜県白川郷合掌集落では、現在でも合掌造り茅葺屋根の葺き替えに結の制度が残っている。葺き替えは約30年-40年に一度行われ、それにかかる労力と費用は莫大なものである(単純に人件費を現代の価値に換算すると片面の葺き替えだけでも1千万円以上ともいう)が、これらは無報酬で行われた。

  • 葺き替えの手順はだいたい以下の通りである。
    • 作業の3年以上前から準備が始まる。
    • 屋根の面積から必要なの量と人員を概算する。
    • 作業の日取りを決め、集落を回り葺き替えをいついつ行うので手伝って欲しいと依頼する。
    • 予め作業に必要なだけの茅を刈って保存しておく(そのための「茅場」を確保してある)。
    • 役割分担を決める(茅を集める者、運ぶ者、茅を選別する者、縄などその他道具を準備する者など)。
    • 上記は専ら男性の作業である。女性は作業に従事した者達への食事、休息時の菓子、完成祝いの手土産の準備を行う。
    • 屋根の両面を同時に吹き替えることはほとんど無く、片面のみを2日間で仕上げる。
    • 1日あたり200人から300人の人手が必要となる。100人以上が屋根に登るさまは壮観である。

近年は過疎化第一次産業の衰退、高齢化などで結の維持が難しくなってきている。一方でナショナル・トラストや一般のボランティアが各地より集まり、葺き替え作業を共同で行うようになった。 なお、白川郷では結を行う組織を合力(コーリャク)と呼び、また結の範囲は屋根の葺き替えに限らず、代掻き田植え稲刈り草取り薪割り冠婚葬祭など生活全般に及ぶ。
——————————————————————————————–

二つの合掌造りをつづけて訪れ感じたこと。
時代は変わる、新旧交代。
この同じ地でVuildが表明しているのは、新たな ”仕組み” のつくりかた。
新たな時代の「結」という仕組みづくりへのチャレンジではないだろうか。
彼等の情熱に敬意を表する。
やっちゃえ秋吉! やっちゃえVuild!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

テスラモーターズ x マリオ・カルポ x 新国立競技場

ちょっと前の話であるが、思い出して書いている。
昨年10月13日、東京に行ったときの話をもとに。
この日、私は3つの体験をした。

①テスラに乗った
場所は南青山にある テスラモーターズジャパン
試乗したクルマは、Tesla Model S75 だった。
午前10時、試乗の手続きをすませてクルマに乗り込む。
第一印象は、”デカッ” 。(やっぱりアメリカのクルマなんだよな)
車幅が気になるので、そぅっーと動かしてみる。
だんだん慣れてきて、青山通りを渋谷に向かって順調に走らせる。
途中、信号待ちの先頭に。絶好のポールポジション!
信号、青。ここぞとばかりに、アクセル全開踏み込んでみる。
スッーーと異次元空間に吸い込まれる感覚に。
わずかな ”キーン” というモーター音が耳に残る。
これは、自動車とは違う移動体であるというのが率直な感想。
下の写真は、ショールームに展示されていたModel S の筐体。
オールアルミフレーム(ダイキャスト+押し出し材の溶接構造)の裸身を眺めているとゾクゾクしてくる。
たまらなくセクシーで美しいと感じる。
20151013-140430-IMG_3857

 

②建築史家 マリオ・カルポの話を聞いた
場所は六本木アカデミーヒルズ。
WIRED CITY 2015」カンファレンスでのお話し。
スクリーンショット 2016-09-02 14.06.56

以下は、私の意訳を含めた解釈とその感想。
建築エンジニアリングは、物理の法則を知らなくても成り立つ時代がすぐそこまできている。
或いはもう実現している。といったものだった。
これは、ビッグデータによるトライアンドエラー方式(Ex.グーグル方式)に依るところが大きい。
グーグル方式とは、Google Gmailの扱いのとおりデータを垂れ流しにしておいて(整理はせずに)必要なときに、膨大なビッグデータから瞬時に検索を行い解決する手法のことを指す。
ここでいうところの整理とは、物理学の理論を使うということも含んでいる。
理論方程式による各プロセスの中間解答を求めず、瞬時に物理シミュレーションを行い結果を出す。
NGならばもう一度。そして、これを何度も繰り返す。
OKならば即、採用。
つまり、整理すること(Sort)を行わず、一発検索(Search)で解決できてしまうというわけだ。
入口と出口だけ立ち合う。
なぜその結果にたどりついたかの検証はしない。(ということだと私は思う)

建築は分業制の現体制から発案者が自分でものづくりをした時代に戻ることができる。
いわゆる職人気質の時代に戻るというわけだ。
その時代、職人は理屈(物理の理論)ではなく、直感による判断を重んじていた。
その直感を手助けするのがグーグル方式(膨大なビッグデータから一発でSearch(サーチ)を行う手法である。
Sort作業(理論を駆使した並べ替え手法)を専門家に依頼せずとも、自分自身で直感的に先ずはシミュレーションを行ってみてダメならもう一度、うまくいけば採用。

理屈では解るし自分自身の肌感覚でもそのようになっていくんだろうなと感じてはいる。(クルマの自動運転技術でも同じような感覚を覚える)
でも、、、怖い。
職人は経験を積み、また経験を積み、まだ経験を積み、その域(直感を重んじる)に達するのだ。
達してはじめて判断を下せるようになる。そしてそれが気質となっていく。

経験の浅い者が気質だけなぞって得られた結果は。。。
グーグル人工知能(AI)のお墨付きであればそれで良しとできるのだろうか。
私が怖いといっているのは、AIのことではない。使う (実態は ”使われる” が正しそう) 側の人のことである。
誰かが、その中間に位置し案配を見届ける必要があると私は思う。
直接効率は下がるけれども、未来を見据えた全体効率は良くなる気がするのだが。
それは、いずれ来るといわれるAI支配の世の中になったとしても、だ。

そんな時代の大きな流れの中で、自分の ”役割” というものについて考えさせられる話だった。

それはそうと、この日のカンファレンスの中で、「ゲームが都市を拡張する」 というテーマで講演した須賀健人Niantic, Inc.)さんの話が面白かった。
”陣取り合戦”、”友情”、”世界が舞台”、”動いて遊ぶ” をキーワードにゲーム開発を行っており、キャラクターは ”ポケモン” だと。
何しろ彼自身が面白がっているのが ”熱” として伝わってきていた。
この時は、世の中には面白いこと考えるヤツがいるんだーなーという感覚。
これが、”ポケモン Go” のことだったということは、ずいぶんあとになってから気がついた。

 

②旧国立競技場跡地に行った
この日、旧国立競技場が解体された現場に行ってきた。
ここに建つ予定だった新国立競技場ザハ案は、この時すでに白紙に戻されていた。
ぐるっと一周歩きながら、この案との関わりについて思い起こしていた。

20151013-140439-IMG_3850

その新国立競技場デザインのザハ・ハディド氏率いるzaha 事務所は、BIM*を利用した建築手法で有名だ。
ダッソーシステムズ社+ゲーリーテクノロジー社のソフトウェア、Ditigal Project を駆使しているといわれている。
このアプリケーションソフトウェアは、ダッソーシステムズ社の3DCADソフトウェアCATIAをモデリングエンジンとして建築用にカスタマイズされたBIM*ソフトウェアである。
CATIAは世界中の航空業界・自動車業界・製造業界に浸透している。
つまり、物づくりに最適化された建築用のソフトウェアであるといえる。


BIM*
BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称。
コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューション。


わたしもこの新国立案件に仕事として関わる可能性があるとなった時、深く知りたいと考えた。
恵比寿で開催されたダッソーシステムズ社主催セミナーに参加してその機能の本質を理解しようとした。
講演時に質疑の機会があり、講演者のダッソーシステムズ副社長に直接質問をしたことがある。
彼の名は、Mr. Marty Doscher (マーティ・ドッシャー)
以下、その時の受け答え。

Q: 私
DititalProjectにより、職人の人手不足・職能不足など建築業界における構造的欠陥に対応できると考えているようだが、職人達が考えることをしなくなり、技術を習熟する機会を奪うことになるのでは。結果、貴社の狙いとは逆に職人が育たず減ることにつながりませんか?

A: Mr. Marty Doscher (マーティ・ドッシャー)
技術者(日本では職人と呼ぶ)には二種類存在します。
ひとつは、高学歴の集団で今後益々力を付けていく人たち。
彼らは、次々と技術を習得・蓄積してマネージャークラスとして高収入を得ることが出来る。
もう一つは、力を持たない集団。
いわゆるワーカーと呼ぶ人達のことを指すという。
彼らは、指示されたことだけを行い時間給を目的とする。
自社の技術により、この後者の人達が建築の職人として活躍することが可能となる。

という答えであった。
私にはそのように割り切れるものでは無いと感じたが、これがシステム提供者側の真意と判断した。

また、この手法により建築された韓国ソウルにある東大門デザインプラザ(DDP)にも足を運んだ。
そして、その外装曲面建築を手がけた韓国の建築施工会社に出向いてその技術に触れた。

その技術・手法たるや圧巻だ。
いわゆる日本式の職人技による職人個々の曲げ加工技術の利用など最初から当てにしていない。
ザハデザイン独特の流線型の建材加工(自由曲面の加工)をシステムとして捉えている。
設計(デザイン)から施工までの過程一連の流れを全てデジタルデータに置き換える事が大前提。
特に施工過程において基本システムとして足りない機能は付け足す、あるいは新たに作り(創り)出すことで、解決に導いている。
そこには、最新のデジタル技術(テクノロジー)は欠かせない。
しかし、そのシステム成功の鍵となっているのは、キーテクノロジーでなくキーマンなのである。
デザインそのものの善し悪しや、竣工時のザハ氏スピーチの是非など別にして、この建築は成功(成立)した。
この建築が成立した最大要因は ”人” である。
そこに携わった人々の熱意や情熱が原動力となってプロジェクトを成功に導いた。
これは、数回にわたり韓国エンジニアの方々と交流を重ねて確信した ”キーファクター” である。

一方、日本ではこのシステムが日の目を見る前にプロジェクト自体が破綻した。
破綻の経緯は別として、現実に起きた事実をまとめている総括表がこちらである。(日経アーキテクチュア記事より抜粋)
スクリーンショット 2016-09-02 09.35.06

例えばこんなふうに考えられないだろうか。
プロジェクトチームが収穫を行う。
収穫した果実をチームの皆で山分けするときに、分ける順番を決めるのは誰なのか?
やはり選ぶ順番を決められるのは、チームのキャプテンなんだと思う。
キャプテンとしての ”責任”。
“決めるのは自分なんだ”  という自覚。
決断に対しての ”誇り”。

この表が露わにしているのは、私たちの ”美意識の欠落” 。
プロジェクト破綻の真の原因はそこにあるのではないかと私は思う。

この体験を通じて感じたこと。
私は、もっと技術についての ”作法” を身につけたい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

3.11 の教訓

Fukushima
*福島第一原子力発電所=12日午前9時52分 朝日新聞社

15年以上前の話。
私は、KiymaDigitalLab という組織(社内の別部門として)を運営し、CG(コンピューターグラフィックス)シミュレーションの仕事を請け負っていたことがある。
建築関係の仕事を扱うことが多かったが、その中で東電設計からの依頼を受けて福島原発建屋のデザインシュミレーションのお手伝いをさせていただいたことがあった。
東京内幸町にある担当部署のオフィスに何度も通ってコミュニケーションを重ね、結果として”この写真の建屋デザイン”に行き着いた。
3.11後に ”あれ”が起こって以来、メディアで何度もこの写真を目にすることになる。

全文を読む

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

キヤマのルーツ

kiyama_board
岡山出張の先乗りで四国にまで足を延ばした。私の父親の出身地である。
キヤマのルーツは、先代社長(父親)の出身地である香川県坂出(さかいで)市の城山(きやま)に由来する。昭和30年代後半、遠く離れた静岡の地で起業しようと決めた時、自身の出身地にゆかりのある名前を借りて、城山工業所(きやまこうぎょうしょ)と名づけた。それが現在の社名キヤマにつながっている。
今回、そのルーツを辿って城山に登ってみた。

全文を読む

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

安藤忠雄さんのコンクリート

miyaura_port
岡山に出張に行く機会があった。 ”よしっ” と前乗りついでに直島に行ってみることにした。何年も前から行きたくて、なかなか行けなかった場所だったから。日曜のお昼前、宮浦港へフェリーで到着。この写真に写っている船着き場の建物が、SANAA設計の「海の駅なおしま」。海側からはほとんど存在感がなく、スッーとした感じだ。

全文を読む

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

生まれ故郷 沖縄・光と影

kerama_blue
年末年始にかけて沖縄に来た。生まれ故郷というよりは出生地といったほうが当てはまるのだろうか。旅行で一週間近く沖縄本島に滞在するのは初めてだ。またこの機会に、自らの血が流れる沖縄県民(うちなーんちゅ)の過去を振り返る時間を埋め込むことにした。最初の写真は、慶良間諸島の渡嘉敷島・渡嘉志久ビーチ沖での女房との2ショット。”ケラマブルー” が時間を止める。
シャッターを押してくれたのは、お世話になったホテル ケラマテラス のインストラクター アッキー さん。
スタッフの皆さん、たいへんお世話になりました。

全文を読む

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

中国出張03(上海)

今回の中国出張は三度目の上海。目的は前回訪問(二月前)した同業者との協力関係構築についての協議。
二月経って変わったこと。
①従業員が20名ほど増えていた。(30名から50名)
②日本人の技術者が雇用されていた。
③日中関係(国)。
④涼しくなった。
二月経って変わらないこと。
①自社の体制。
②中国で仕事をすることへの思い。
③日中関係(自分が関わる人たち)。
これから変わっていくこと、変わらないこと、変えるべきこと、そして変えてはいけないことのバランス感覚が試されるのだと痛切に感じる。
写真は朝6:30、ホテルの部屋の窓から見た雨の風景。部屋のテレビからは船長解放のニュースがひっきりなしに流れている。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

横浜港大さん橋国際乗船ターミナル

5月の連休中に横浜に行ってきた。目的は、横浜港大さん橋国際乗船ターミナル 見学。毎週日曜日に通っている渡辺邦夫日曜学校 渡辺先生主宰の設計事務所(SDG)が携わった建築物。前回の講義で事例として説明があり是非とも見たかった構造物。構造物の規模(建物の長さ約430m、最高高さ約15m、幅約70m)や複雑な形状(すべての通り芯断面が変化している)も桁外れだが、構造体が意匠として設計されており施工者側には逃げがまったく無い。よくもまー作り上げたとただただ驚くばかり。
写真はスロープの天井にあたる部分。このように構造体のつなぎ目に補修箇所があちらこちらにある。このスキマから職人さんたちの悲鳴が聞こえきたような気がした。溶接した職人さんも本意ではなかったはずなのになーとも。。
このスキマを無くすことができないだろうか。そのことをずっと考えている。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

浅草雷門一丁目

今日三回目の渡 辺邦夫日曜学校 で浅草に。渡辺先生、お忙しい中での勉強会開催に人並み外れたバイタリティを感じる。感謝。
浅草の廻りでは早々と三社祭の支度をしているようだ。写真の提灯かざりつけを威勢のいいねじりはちまき姿のおにいさん(そうじゃない方もいたようだけど。。)達大勢ではしごを使って颯爽とこなしていく。出来上がりがこの写真。連休明けになるともっと賑やかになるんだろうな。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

共生

昨年9月に仕事の関係で熊の生態調査に同行した。映像はその時の様子。製作したオリの依頼主(有限会社あかつき動物研究所)望月所長さんがその場で話された言葉が印象的だった。
”動物と共生っていうけれど、動物は今まで通り普通に生活しているだけなんです。生活圏にいきなり入っていくのは人間のほうなのに共生って言うのも。。”って。
昨日浅草で東京スカイツリーを見た時、望月さんの言葉を思い出した。
勝手なんだよなー、人って。自分も。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > その他

Calendar
« 2019 年 10月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
open all | close all

Return to page top